WordPress(ワードプレス) PHPバージョンアップ方法 解説

今回はWordPress(ワードプレス)を使用してポータルサイト等を運営する方向けに、PHP更新方法(バージョンアップ方法をはじめバージョン確認方法など解説していきます。

目次

PHPとは

PHPとはWeb開発に使用されるプログラミング言語の一つで、WordPressはこのPHP言語により構成されています。

このことからWordPressには必須であり且つ非常に重要なものとなるわけですが、正直なところポータルサイトを運営するにあたってPHPの細かい仕組みなどを理解する必要はなく、最低限の知識として「PHPはWordPressを構成している言語」とだけ認識しておけば問題ないかと思います。

とは言え重要な要素であることには変わりなく、WordPressを使う上では避けられないことでもあるので必要最低限の設定等は抑えるべきでもあります。

PHP更新の必要性

PHPがワードプレスを構成している言語ということで、PHPバージョンはWorPressの性能に直結すると言っても過言ではありません。

そしてPHP更新(PHPバージョンアップ)をすることで「Webサイトの高速化」「安全性の向上」「検索エンジンの評価アップ」等のメリットがあり結果的に「サイト閲覧数の増加」「訪問者の滞在時間アップ」の効果へ繋がり、ポータルサイト運営においても非常に重要は要素となるのでPHPのバージョンアップを疎かにすることはできません。

また、PHPバージョンを古いまま使い続けると、上記のメリットが受けれなくなることもそうですが、プラグインとの相性が悪くなり プラグインを更新したら急にサイト閲覧ができない・管理画面へログインできなくなるといった症状も起こりうるので定期的にPHPバージョンを確認し、常に最適なバージョンにしておきたいところでもあり、今回のはそのPHPバージョンの確認方法及びバージョンアップ方法を解説していきます。

尚、WordPressのサイト閲覧ができない・管理画面へのログインができなくなった場合の対処法は以下の記事にて解説しています。

あわせて読みたい
WordPress(ワードプレス) サイト閲覧・管理画面ログインができない場合の対処法 今回はWordPress(ワードプレス)にてプラグインのエラーによりサイト閲覧及び管理画面へのログインができなくなった場合の対処方法・復旧方法を解説していきます。 【エ...

PHPバージョンの確認方法

PHPバージョンの確認は基本的にはご自身が使用している各サーバー上におこないます。

そして、今回はスターサーバー(Newowl)での確認方法を解説していきます。

まずはスターサーバー公式サイトに接続し、メニューの「ログイン」→「ファイルマネージャー」を選択します。
※画面右上のログインをクリックでもOKです。

Netowl用のログインID・パスワードを入力してログインします。

ネットオウル(Netowl)にログインしたら「スターサーバー管理」をクリックします。

サーバーアカウント一覧の該当するサーバーIDの行の「サーバー管理ツール」をクリックします。

画面左側の[ホームページ]項目の「PHPバージョン設定」をクリックします。

PHPバージョンを確認したいドメイン名横の「選択」をクリックします。

「現在のバージョン」の横に表示されているPHPから始まる数値が現在のご利用中のPHPバージョンとなります。

次の項目では そのPHPバージョンを更新する方法を解説していきます。

PHPバージョンアップ設定方法

ここではPHPバージョンアップ設定方法を解説していきます。

まずはPHPバージョンの確認方法で解説した手順で[PHPバージョン設定]画面まで進めます。

[PHPバージョン設定]画面の「設定」横のタブをクリックし「(推奨)」と記載されているバージョンを選択し「PHPバージョン設定(確認)」をクリックします。

その後、変更後のバージョンが表示されるので、バージョンに間違いがないかを確認し「PHPバージョン設定(確定)」をクリックします。

クリックすると即時PHPバージョンアップが実施され、PHPバージョンアップ時にサイトが見れなくなるのでは?と心配される方もいるかと思いますが、基本的にPHPバージョンアップは一瞬で終わるので仮にバージョンアップ中にサイト閲覧に影響があるとしてもほんの一瞬だけなので誰も気づかないレベルです。

またPHPバージョンアップ自体はサーバー上で実施されるので、バージョンアップ時に自身のネット環境が不安定であっても影響は受けないので基本的には何時に実行しても構いません。

ただしバージョンアップする瞬間の影響よりも新バージョンに変更後の各プラグイン等に及ぼす影響の方が心配でもあり100%サイトに影響がないとも言い切れないので、心配な方はサイト閲覧が一時的におかしくなっても影響が少ない時間帯でバージョンアップすることをおすすめします。

PHPバージョンは基本的に数値が大きい方が良い

PHPバージョンは基本的に より数値が大きいものが推奨されることになります。

ただし(推奨)とついていないバージョンに関してはプラグインとの互換性がなく、バージョンアップしたと同時にプラグインが正常に動作せず、最悪サイトの閲覧ができなくなるといった事象も発生しうるので十分に注意してください。

このことから むやみに高い数値のものを選んでしまうのは危険ですので、基本的には(推奨)とついているバージョンを選択し、もし(推奨)とついたバージョンが複数ある場合はその中でもっとも数値が大きいものを選択するようにしましょう。

PHP高速化設定方法

PHPバージョンアップ設定方法を解説したついでにPHP高速化設定方法も解説していきます。

PHP高速化とはWebサイトを高速化・安定化させるための機能でスターサーバーではWordPressの処理速度を最大8倍まで向上させるとのことです。

実際には目に見えて飛躍的早くなるということはないのですが、基本的には実施しておいて損はない設定となりPHP高速化設定方法は以下となります。

まずはPHPバージョンの確認方法で解説した手順でサーバー管理ツール画面まで進めます。

[サーバー管理ツール画面]にて「PHP高速化設定」をクリックします。

PHPバージョンを確認したいドメイン名横の「選択」をクリックします。

[PHP高速化設定]画面の高速化設定で「ON」を選択し、その下の「設定変更(確認)」をクリックします。

次の画面で変更後の状態を確認して「設定変更(確定)」をクリックします。

最後に現在の状態が「ON」になっていることを確認して PHP高速化設定が完了となります。

PHP高速化設定をすると php.iniの設定値が変更され、変更・固定される。

php.iniの設定値の説明については省略させてもらいますが、PHP高速化設定実施後にphp.iniの設定値が変更され、変更・固定されます。

これにより最悪PHPプログラムが正常に動作しなくなることがあり、サイト閲覧にも影響を及ぼす可能性があるので、PHP高速化後にサイトの挙動がおかしいと感じたら、再度上記の設定手順を進めて「高速化設定OFF」を選択しPHP高速化を切ることを推奨します。

基本的に普通にワードプレスを利用していればPHP高速化後にサイト閲覧等への影響はまずあり得ないのですが、絶対にサイトへの影響を与えたなくと心配な方は事前に公式ページのPHP高速化設定利用時に無効となるphp.ini設定を確認しておくことをおすすめします。

最後に

いかがでしたでしょうか。

PHPはWordPressにおいて非常に重要な要素でもありますが、実はワードプレスを使ってポータルサイトを管理されている方の多くはその重要性に気付いておりません。

かくいう私も以前まではPHPの重要性についてまったく気づいていない一人であり、PHPのことをないがしろにしたために ある日プラグインを更新したら突然サイトアクセスができなくなり更にはワードプレスの管理画面にもログインできないという最悪な事態に遭遇してしまいました。

その後、それらの事象が発生原因がPHPを旧バージョンのまま使い続けていたことであると判明し、この時に初めてPHPの重要性を痛感しました。

こうした私と同じ事象に遭遇する人を事前に一人でも減らせればという思いも込めて本記事を書いた次第です。

PHPバージョンは自動更新されず、基本的には手動更新となるので、本記事をきっかけに定期的にPHPバージョンの確認及びバージョンアップを実施していただき、より快適なポータルサイト運営の手助けになれば幸いです。

あわせて読みたい
WordPress(ワードプレス) サイト閲覧・管理画面ログインができない場合の対処法 今回はWordPress(ワードプレス)にてプラグインのエラーによりサイト閲覧及び管理画面へのログインができなくなった場合の対処方法・復旧方法を解説していきます。 【エ...
あわせて読みたい
JINからSWELLに変えて良かったこと・悪かったこと 今回はWordPress(ワードプレス)のテーマを「JIN」から「SWELL」に移行して良かった点・悪かった点を、互いのテーマを比較しながら紹介していきます。 私自身、元々「JIN...

コメント

コメントする

目次