Wolt 東京エリア拡大について 【2024年5月更新】

本記事にはプロモーションが含まれています。

2024年5月に実施されるWolt東京の配達エリア拡大について解説していきます。

東京エリア・埼玉エリアで稼働する人・これからWoltでの稼働を考えている人には必見の内容となります。

目次

Woltのエリア分けとは

ここではWolt初心者・未経験者向けに、Woltのエリア分けの概要について紹介していきます。

※すぐに東京エリア拡大内容を知りたい方は次の『東京エリア拡大の概要』にお進みください。

Woltは配達稼働する地域によってはエリアが分けられ、オンラインにする際は適切なエリアを選択する必要があります。

基本的には選択したエリア内にある店舗からの注文依頼が来ることになるため、自分が今いるエリアと異なるエリアを選択すると注文依頼が入りません。

※多少の位置の誤差なら違うエリアにいても選択したエリアからの注文依頼は来ます。

また、ドロップ先(お届け先)はエリアを跨ぐことがあり、ドロップ完了後に選択したエリアとは異なるエリアに移動しているということもあります。

もし、ドロップでエリア移動した場合は、「選択しているエリアに戻る」もしくは「一旦オフラインにして今いるエリアを選択する」のいずれかになります。

これらのことからエリア分けされている地域で稼働している人は このエリア分けの概念をしっかり把握した上で常に適切なエリア選択をすることが重要になってきます。

尚、全国のエリア分けの詳細については以下のWolt公式サイト上の「Wolt 都市別情報」をご参照ください。

また、配達地域自体を変えたい場合(例:配達エリアを神奈川から東京に変更)はサポートに問い合わせする必要があり、問い合わせ方法詳細について以下の記事をご参照ください。

東京エリア拡大 概要

ここでは2024年5月からエリア拡大が実施される「多摩エリア」についての概要を解説していきます。

2024年5月15日(水)より以下の画像のオレンジで塗りつぶしたエリアが 新たなWolt配達エリアとして追加されることになります。

今回のエリア拡大により西東京・府中・東村山・昭島方面の地域が新たなWolt配達エリアとなります。

また、上記多摩エリアの中には4月に新規追加された立川・調布エリアも含まれています。

これにより5月15日からは既存の立川・調布エリアも多摩エリアの一部となります。

また、前回の「調布エリア」「立川エリア」の追加で、東京の総エリア数は10となっていましたが、今回のエリア拡大&エリア統合により 東京の総エリア数は9となります。

配達効率を上げるための必須アイテム

ネックストラップ

\ スマホ操作が格段に向上!/

\ 着脱可能で使いやすい♪/

緩衝ウレタン

\ バッグ内 商品固定の決定版!/

\ 抜群の固定力で安全に配達!/

使い方はこちらで詳しく解説

エリア詳細情報

ここでは、2024年5月から新たに追加される多摩エリアに関する詳細情報を解説していきます。

エリア境界線

ここでは多摩エリアと隣接する東京西エリア境界線を詳しく見ていきたいと思います。

尚、多摩エリアは比較的大きいのでJR中央線を境に北側南側に分けて紹介していきます。

中央線北側のエリア境界線

まず、ここで紹介する地図についてはJR中央線の北側のエリアとなります。

そして、以下の画像の濃い青線が多摩エリアと東京西エリアの北側の境界線になります。

北側のエリア境界線については、道路などで判断するのが分かりづらいため駅を基準に多摩か東京西かを判断することをおすすめします。

尚、駅基準での境界線判断方法は以下となります。

【西武池袋線】大泉学園駅西側→多摩エリア大泉学園駅東側→東京西エリア
【西武新宿線】武蔵関駅西側→多摩エリア武蔵関駅東側→東京西エリア
【中央線】武蔵境駅近辺→多摩エリア三鷹駅近辺→東京西エリア

中央線だと武蔵境駅 近辺は多摩エリア・三鷹駅近辺は東京西エリアとなります。

エリア拡大当初は注文数も少ないことが予想されるので、境界線付近まで来たと思ったらエリアを「東京西」に設定して 東側に移動することをおすすめします。

中央線南側のエリア境界線

まず、ここで紹介する地図についてはJR中央線の南側のエリアとなります。

そして、以下の画像の濃い青線が多摩エリアと東京西エリアの南側の境界線になります。

南側のエリア境界線についても北側と同様に、道路などで判断するのが分かりづらいため駅を基準に多摩か東京西かを判断することをおすすめします。

尚、駅基準での境界線判断方法は以下となります。

【中央線】武蔵境駅近辺→多摩エリア三鷹駅近辺→東京西エリア
【京王線】つつじヶ丘駅近辺→多摩エリア仙川駅近辺→東京西エリア
【小田急線】喜多見駅近辺→多摩エリア成城学園駅近辺→東京西エリア

エリア拡大当初は注文数も少ないことが予想されるので、境界線付近まで来たと思ったらエ

多摩エリアはWolt Drive専用エリア

まず、Wolt Driveとは 他社商品の配達代行サービスであり、店舗側が加盟店契約することなく 店舗が必要な時だけWolt配達員に配達を依頼するサービスです。

Wolt Driveの注文であっても 配達員側からすると通常の注文と同様に配達依頼が通知されるので、何か特別なことをする必要はありません。

ただ、現状Wolt Driveは発展途上の段階であり、すでにWolt Driveが導入されているエリアでは注文数が少ないという話も聞きます。

そして、多摩エリアについては当面の間 Wolt Drive専用のエリアとなります。

このことからエリア展開開始直後は 配達依頼が少ないことが予想されるので、わざわざ遠方から多摩エリアに遠征する必要はなく しばらくはWoltの今後の展開及び通知を待った方が良いかと。

多摩エリア近辺在住の人は今がWolt登録のチャンス!

これはまだWolt配達したことがない人向けの情報となりますが、現在Woltでは新規登録して配達した人に報酬が発生する新規登録キャンペーンが実施されています。

あいにく東京エリアでの登録はキャンペーン対象外となっていますが、埼玉エリアで登録すればキャンペーン対象となります。

※友達紹介キャンペーンでは東京エリアも対象になっていますが、こちらは紹介者にだけ報酬が発生し、新規登録した人への報酬はゼロとなっているのでご注意ください。

このことから東京に在住していたとしても 埼玉に行くことが可能な人であれば、初回登録時に埼玉エリアで申し込みをして、埼玉エリアで1回だけ配達すればキャンペーン条件を満たし特別報酬を貰うことができます。

そして、キャンペーン達成後にサポートに問い合わせれば配達エリアを東京エリアに変更できるので、引き続き東京エリアでWolt配達を継続することも可能です。

まだ、Woltに登録していない方はこれを機に登録してみてはいかがでしょうか。

Wolt 新規登録キャンペーン実施中

今だけのビッグチャンス!
1回配達で1万円ゲット!!!

『紹介者コード/キャンペーンコード』欄に以下のコードを入力してキャンペーン参加!

新規登録キャンペーンコード

AFWOLT

Wolt 配達パートナー募集

\ 登録はこちらから/

すべてオンラインで登録可能!

最後に

今回はWolt東京エリアの拡大について解説してきました。

今回のエリア拡大の対象者は東京付近で稼働する配達員のみと限定的ではありますが、Woltエリア拡大の知らせは朗報でもあります。

5月は配達員にとってはしんどいとも言える閑散期であり、こうした時期こそ うまい立ち回りが必要な時です。

エリア・時間帯によっては他社よりもWolt配達の方が稼げるということもあり得るので、まだWolt未登録の方はこれを機に初めてみるのも良いかもしれません。

それでは良い配達ライフを。

あわせて読みたい
Wolt 配達のやり方(配達の流れ・仕組み) 徹底解説 今回はWolt(ウォルト)の配達の仕方・やり方を、配達未経験者でも分かるよう 詳しく解説していきます。 これから新たにWoltで配達を始める方、Woltの配達業務がどんな...
Wolt 新規登録キャンペーン実施中

今だけのビッグチャンス!
1回配達で1万円ゲット!!!

『紹介者コード/キャンペーンコード』欄に以下のコードを入力してキャンペーン参加!

新規登録キャンペーンコード

AFWOLT

Wolt 配達パートナー募集

\ 登録はこちらから/

すべてオンラインで登録可能!

コメント

コメントする

目次