UberEats 配達報酬詳細画面の仕様改定 <ウーバーイーツ>

本記事にはプロモーションが含まれています。

今回はUberEatsの配達報酬詳細画面の仕様が変わることについて解説していきます。

地味な仕様変更になりますが、もしかすると配達員に影響が出るかもしれませんので、UberEats配達員には必見の内容となります。

あわせて読みたい
UberEats ブースト廃止・消滅 -配達報酬減か?-<ウーバーイーツ> 今回はUberEatsから発表されたブースト廃止について解説していきます。 ブースト廃止に関する詳細内容、ブースト廃止後に配達員としての最善の対応策などの情報を載せて...
あわせて読みたい
UberEats 配達調整金 廃止・消滅か?!<ウーバーイーツ> 今回はUberEatsの配達調整金廃止の話題について解説していきます。 本当に調整金が廃止されたのか?今後UberEatsで発生しうる改悪とは?現状最適な稼働方法とは?など今...
目次

仕様改定の詳細内容

ここでは、今回UberEatsから発表された配達報酬詳細画面の仕様変更の詳細内容について紹介していきます。

適用日

配達詳細画面の仕様改定の適用は2023年11月21日(火)からとなります。

今回の仕様改定については試験運用期間などはなく、上記の日程で全国一斉に適用開始となります。

変更内容

今回の配達報酬詳細画面の変更について、まずは以下のUberEatsからの通知内容を見ていきます。

Uberからの通知内容①

2023年11月21日より、配送料の算出に使用しているシステムの変更を行います。これに伴い、配達完了後に確認いただける配達詳細画面では「ベース」として、基本金額と配達調整金額が合算された金額が表示されるようになります。

上記、通知内容を具体的に示すと以下のようになります。

現行では配達報酬がベース」と「配達調整金額」に分けて表示されているものが、仕様改定後はベース」のみの表記となり ベース金額の中に配達調整金額が含まれる形となります。

結論として、報酬の更なるブラックボックス化が進むということになります。

ただ 正直なところ、配達報酬詳細画面の上記の箇所を事細かにチェックしたりする人は極少数かと思われるので、今回の表示方法が変わることについて困る人は ほぼいないかと。

それと一点注意して欲しいのは上記の『現行の配達詳細画面』に記載されている配達調整金額というのは、配達に要する時間・距離など様々な要素が含まれた金額ということです。

実際に上記の報酬は見積りの段階で550円で、店舗待ち等の遅延の影響もあり更に配達調整金がプラス200円され、最終的に750円になった形となります。

上記の画面については以下の通知があり新たな配達詳細画面になったとしても リクエスト通知時に表示された見積金額からいくら追加されたかは これまで通り確認できる模様です。

Uberからの通知内容②

配達詳細画面で表示される予定配送料(見積り金額)と実際にお支払いする配送料の差額をご確認いただくことで、配達調整金額の増額分を把握いただけます。

これまでの配達詳細画面はどうなる?

仕様改定が適用されるまで(2023年11月20日まで)の配達報酬詳細画面はどうなるのでしょうか。

これについてもUberEatsから以下の通知がありました。

Uberからの通知内容③

このシステム変更前に完了した配達に関しては、引き続き配達詳細画面で基本金額と配達調整金額をそれぞれご確認いただけます。

上記の内容から2023年11月20日までの配達報酬詳細画面については、これまで通りの表記となるので、11月21日になったからといって過去の分まで配達詳細画面が変わることはないのでご安心を。

配達効率を上げるための必須アイテム

ネックストラップ

\ スマホ操作が格段に向上!/

\ 着脱可能で使いやすい♪/

緩衝ウレタン

\ バッグ内 商品固定の決定版!/

\ 抜群の固定力で安全に配達!/

使い方はこちらで詳しく解説

配達詳細画面の仕様を変更した理由とは

今回の配達報酬詳細画面の仕様改定の理由について、まずは以下のUberEatsからの通知内容を見ていきます。

Uberからの通知内容④

今回の変更は、システム運用費を削減し、システムの持続的で効果的な運用を可能とする目的で実施されるものであり、全体的な配送料に影響を与えるものではありません。

上記の内容を見るかぎり、仕様改定の理由は経費削減&システム安定性の向上のため といったところでしょうか。

UberEats側でのシステム運用費を削減するということは個人的には大賛成であり、それでUberEatsの利益が増え より経営が安定してくれれば配達員として嬉しい限りです。

欲を言えば、システム運用費削減で浮いたお金を配達報酬にまわしてくれるともっと嬉しい訳ですが…(笑)

ただ、本当に上記だけの理由で仕様改定したのかは信じきれない部分もあり、報酬を下げるための口実ではないかとと疑わざるを得ない所もあります。

こればっかりは新たなシステムが導入されてみないと何とも言えないので、配達員としては上記の理由を信じるしかありません…

仕様改定による懸念事項

ここでは今回発表された配達報酬詳細画面の仕様改定によって心配されるであろう事柄について紹介していきます。

報酬は減る?増える?

配達員が最も気になるのは仕様改定後の報酬かと思われます。

これについては、先ほども紹介しましたがUberEatsから通知内容では変更がない旨のアナウンスがありました。

Uberからの通知内容④

今回の変更は、システム運用費を削減し、システムの持続的で効果的な運用を可能とする目的で実施されるものであり、全体的な配送料に影響を与えるものではありません。

上記通知内容を見る限り 報酬はこれまでと変わらないという解釈となるので、配達員としても一安心と言ったところでしょうか。

しかし、上記内容を通知する一方でUberEatsからは以下のアナウンスもありました。

Uberからの通知内容⑤

配送料は配達に費やす予定の時間や距離、複数の受け取り場所や届け先の有無、注文数や稼働中の配達パートナーの人数など、その他さまざまな要素を含むアルゴリズムによって決定されているため、今回のシステム変更に伴う個別の配送料への影響は各配達ごとに異なる可能性があります。

冒頭の配達時の時間や距離などが報酬に影響するアルゴリズムについてはこれまでと同様なんですが、最後の「今回のシステム変更に伴う個別の配送料への影響は各配達ごとに異なる可能性があります」という文面には少々不安を感じます。

「システム変更後は配達によっては報酬が現行とな異なるかもしれない」という意味にも受け捉えられ、Uberからは「ちゃんと事前にこうして告知したから報酬が下がって文句言わないでね」という言い訳にも聞こえるような…

ただ、報酬が減る一方かと言うとそうでもなく、ほんの短期間ではありますが 仕様改定に伴うバグの影響で 報酬が上がるという可能性も捨てきれません。

仮に、仕様改定後に報酬が上がったとしてバグの可能性が高く 一時的なものかと思いますが、ワンチャン バグの影響を狙って11月21日に稼働してみるのもありかと思います。

ブーストの効果が減少する?もしくは無くなる?

まず、ブーストとは現行のベース金額・配達調整金額とは別に該当する配達エリアで配達した際に追加される報酬となります。

そして、このブーストは現行では「ベース金額」にブースト倍率が適用される形となっています。

しかし、配達報酬詳細画面の仕様改定後は現行のベース金額と配達調整金額が合算して表示されることから ベース金額が不明となるのでブーストの恩恵がどのくらいなのかが分からなくなります。

それどころか、配達報酬詳細の内訳が分からなくなることをいいことに 従来のベース金額を下げてくるということもあり得ます。

もし、従来のベース金額が下げれば同じブースト倍率でもブースト報酬が下がることになり、結果的に現行よりも報酬減ということになります。

そして、もう一つ心配なのは今回の仕様改定の通知ではブーストについては一切触れていない点です。

普通に考えれば、現行のベース金額と配達調整金額は合算して表示されても、ブースト金額はこれまでどおり別枠で表示されるという理解ですが、そうなるともUberは言っていません。

ブースト金額もベース金額に含んで表示されるだけならまだしも、ブースト金額の表示が消えたと同時にブースト制度自体の廃止ということも…

これに関しては、現段階では不明なので 仕様改定当日(11月21日)になってみないと何とも言えませんが 不安要素ではあります。

【10月23日 追記】

配達報酬詳細画面の仕様改定発表から数日後にUberEatsよりブーストを廃止するという追加の発表がありました。

ブースト廃止についての詳細は以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
UberEats ブースト廃止・消滅 -配達報酬減か?-<ウーバーイーツ> 今回はUberEatsから発表されたブースト廃止について解説していきます。 ブースト廃止に関する詳細内容、ブースト廃止後に配達員としての最善の対応策などの情報を載せて...

【11月21日 追記】

今回の配達報酬詳細画面の仕様改定が導入された直後に配達調整金が廃止されたという情報が配達員界隈で言われるようになりました。

そして、その調整金廃止ついての真相については以下の記事にて詳しく解説しています。

あわせて読みたい
UberEats 配達調整金 廃止・消滅か?!<ウーバーイーツ> 今回はUberEatsの配達調整金廃止の話題について解説していきます。 本当に調整金が廃止されたのか?今後UberEatsで発生しうる改悪とは?現状最適な稼働方法とは?など今...

今後配達員に求められる行動とは

結論から言うと、今回発表された配達報酬詳細画面の仕様改定に対して 配達員側として特別対策を講じる必要はありません。

ただ、これは今現在でも言えることですが、注文数に対しての配達員数の割合が より少ないエリアを狙って稼働することで より高い報酬を得る可能性があることは仕様改定後も変わらないと思われます。

仮に全体的な報酬が下がったとしても、配達報酬が高め・低めのエリアというものは依然存在するわけで、そうしたエリアの選別ができるかどうかが今後の鍵となってきます。

配達報酬が高めのエリアについては自分で探してもらうしかないわけですが、どう探して良いか分からない方に簡単な確認方法を伝授しておきます。

Uberドライバーアプリを起動して、画面左上の「」をタップし「売り上げ」をタップします。

表示された売り上げ画面に「この地域における売り上げのこれまでの傾向を見る」をタップします。

すると「」マークがついたマップが表示されます。

この$マークは$なし・$・$$・$$$・$$$$5段階ある模様で、$の数が多いエリア程稼ぎやすいエリアとなります。

更に上記マップの$の箇所をタップすることで、該当エリアの時間帯別の売り上げ推移が確認できます。

これらの売り上げデータについては過去28日間の配達報酬に基づいて算出されているとのことで、完全にこれを信じてよいとも言い切れませんが、どこで配達すれば良いか分からない場合は多少の参考にはなるかと思われます。

ただ、実際のマップを見てもらえれば分かりますが、各エリアのマップは広域を示しているため、具体的にどの辺が効率良く稼げるかは自分の足で確かめる必要があるのでご注意ください。

Wolt 新規登録キャンペーン実施中

今だけのビッグチャンス!
1回配達で1万円ゲット!!!

『紹介者コード/キャンペーンコード』欄に以下のコードを入力してキャンペーン参加!

新規登録キャンペーンコード

AFWOLT

Wolt 配達パートナー募集

\ 登録はこちらから/

すべてオンラインで登録可能!

最後に

今回は2023年11月21日から適用されるUberEatsの配達報酬詳細画面の仕様変更について紹介してきました。

この発表の直前に東京エリアでは週クエストの報酬が下がるという悲しいことがあり、そうした中で追い打ち?をかけるように今回のお知らせがきました。

今のところは配達詳細画面の仕様変更が配達員にとってマイナスになるということは確定していないので、悪い知らせだと断定することはできません。

今回発表された仕様改定が配達員にとってマイナスになるかどうは、適用されてみないと分からない部分でもあるので マイナスにならないことを信じるのみかと。

それでは良い配達ライフを。

あわせて読みたい
UberEats 配達調整金 廃止・消滅か?!<ウーバーイーツ> 今回はUberEatsの配達調整金廃止の話題について解説していきます。 本当に調整金が廃止されたのか?今後UberEatsで発生しうる改悪とは?現状最適な稼働方法とは?など今...
あわせて読みたい
効率良く稼ぐコツ7選 -稼げる配達方法-【Uber Eats・出前館・Wolt・menu】 本記事ではフードデリバリー配達において効率良く稼ぐために必要な配達ノウハウをすべて公開していきます。 専業・副業問わず すべての配達員にとって役立つテクニック...

コメント

コメントする

目次