Uber Eats(ウーバーイーツ)はどのくらい稼げる?

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)で実際にどのくらい稼げるのかお話したいと思います。

「昨今、街中ではフードデリバリー配達員もいたるところで見かけ、配達員も飽和状態という噂も聞くし報酬下げたって話も聞くけど本当に儲かるの?と疑問について
実際私の実績を踏まえてご説明していきます。

目次

私の配達環境

まず私が配達をおこなっている環境について、私は都内(新宿・池袋・中野エリア中心)にて自転車(ママチャリ)で配達をしており、本業と家庭の事情で夜の配達ができないため配達の時間帯は日中(10時~16時)に限られています。

2021年2月の実績

それでは私の実績詳細を。
まずはUber Eats(ウーバーイーツ)を始めたばかりの2021年2月の実績です。

総報酬:75,279円総オンライン時間:46時間44分となり、平均時給1,611円となります。

※オンライン時間は「店に商品を受け取りに行く」「注文者に商品を届ける」「次の注文を待つ」時間が含まれています。

2021年3月の実績

続いてはUber Eats(ウーバーイーツ)を始めて2か月目の実績です。

総報酬:142,596円総オンライン時間:72時間55分となり、平均時給1,956円となります。

※1週目のプロモーション額の中に新規登録キャンペーンの達成報酬3,000円が含まれており、こちらは総報酬額から除外しています。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)始めたての頃は右も左もわからず、ただ何となく配達をこなしていましたが、少しずつコツもわかってきて翌月には時給2,000円近くまでいくようになり、4月については総報酬:165,650円総オンライン時間:71時間38分となり、平均時給2,312円と時給2000円台を突破することができました。

今まで配達した経験からすると、余程の不運(注文がこない、店・届け先が見つけづらい・料理に時間かかる・注文者の応答がない など)が重ならない限り少なくとも時給1,500円は超えますし、私はママチャリで配達しているので、電動自転車・クロスバイク・ロードバイクなど もっと移動速度が出せる方なら時給も更にアップするかと思われます。

配達するエリアでの時給の違いはあれど、真面目にやればそれなりの報酬が結果が出せると思います。

当サイトでは、上記の時給を出すための私なりの配達テクニックもお届けしていくので、現在配達をしてて伸び悩んでいる方、これから配達を考えている方など他の記事も一読して頂くと幸いです。

あわせて読みたい
Uber Eats(ウーバーイーツ)はどのくらい稼げる? – 新報酬体系編 – 今回はUberEats(ウーバーイーツ)新報酬体系に変更後、以前と比べて報酬がどう変化したのか、実際に配達し検証してみたので、その結果を話したいと思います。 【報酬シス...

コメント

コメントする

目次